.

本番なう!開演前

Twitterで知り合ったアマチュア音楽家達がオーケストラを結成!
そして 8月 9日に、市川市文化会館で演奏会「本番なう!」が開催されました。

OTTAbotの中の人も聴きに行ったので、簡単にご紹介します。

呟く→つぶやく→粒谷区……ということで、Twittererが集まってできた「架空の特別区」、それが粒谷区です。

確かにTwittererというより、粒谷区民の方がいけてますね。

粒谷区には、実在の市町村や特別区同様、各種団体があります。
その一つが、粒谷区立管弦楽団サジタリウス(略称:ツブオケ)です。

つぶやいてok→粒谷射手オケ→(射手座=サジタリウス)→サジタリウス
…という命名方法だそうです。どこまでダジャレ好きなんですが、粒谷区民は!(誉めてます)

架空の団体をつくるところまではよくある話なのですが、ここの団員の皆様のすごいところは、実際に演奏会をやろう!と動いたところです。

以下の演目で90分、演奏しきりました(途中休憩あり)。

ワーグナー
– 「ニュルンベルグのマイスタージンガー」第1幕への前奏曲
ブラームス
– 交響曲第1番
J.シュトラウス1世(番 小輪子編曲)
– ラデッキー行進曲(粒オケスペシャルVer.)

粒谷区立管弦楽団サジタリウスより引用

演奏は、USTreamで生中継をした他、後日アーカイブとして公開されましたるようです(?)。お楽しみに

感想としては、圧巻の一言でした。
アマチュアオーケストラの演奏会は初体験ですし、正直耳や知識に自信もないので、ご自身で録画映像をみていただくのが評価としては一番確実です。
しかし生で拝聴した限りでは、雰囲気・演奏ともに最高でした。一つのものをゼロから作り上げる、その過程で生まれる音ってのは本当にスバラシイと思います。

演奏中に、聴衆も演奏者もツイートする、、、というのもかなり斬新でした。
実際に体験するまでは否定的だったのですが、意外にこれがいいんですよ。
せまい場所からたくさんの人が携帯やiPhoneからツイートしようとしたので、回線に無理がありましたが、こういう「自由さ」って捨てがたいですね。しゃちほっこばって聴くばかりがクラシックのコンサートじゃないな、と思いました(もちろん実際は、聴くのに集中すると、結局ツイートどころじゃなくなるんですけどね……)

さて、この演奏会を「OTTAVA関連情報」として紹介したのは、OTTAVAのリスナーさんが少なくとも7人、演奏に参加されていたからです。

@rinasci45mento – チェロ
@hio – ハープ
@violante306 – ヴィオラ
@etkshima – 1stヴァイオリン
@xxxbe – 2ndヴァイオリン
@bougainvilleae – 1stヴァイオリン
@sakurako_vn – 2ndヴァイオリン
(見つけた順^^;)

うーん、すごい。お疲れ様でした!

“粒谷区民音楽祭「本番なう!」開催。近所なので 覗いてきました”へのコメント 2 件

  1. ぬぶ卯

    US中継されていたのを
    当日気が付いて 
    ラストを少しだけ観れました。

    それだけでも ジーンときちゃいました。

    実現されたのは 本当に凄いと思います 天晴れ!

    また次回を 楽しみに応援しま~す!
    (実は、イテ座でした)

  2. mitaina

    いま、いちかわエフエムで、録音放送してます(^_^)
    ……って聴取地域、狭っw

    30秒ぐらいの無音のところがあるけど、気にしないでねとか話してます(笑)

    UST中継っていいですよねー。
    や~、ほんと寄って集って、実現したんだからスゴイものです

この記事へのコメント




タグ