.

「24.OTTAbot運営情報」カテゴリーのバックナンバー

こちらでのご報告が遅れましたが、4月23日に@ottabotの従姉妹として、@ottapotが誕生しました!
@ottapotは、OTTAVAの実況用アカウントです。



@hanachan3 はなちゃんこんにちは。しつもんです。おったーば実況感想用アカウントってありますか?そのアカウント宛にリプライでオッターバ関連のことはつぶやくと、それをフォローしていない(ブリメンいがいのおともだち)ひとのTLには流れなくてめいわくにならない、というような。less than a minute ago via web Favorite Retweet Reply



ピアソラまんじゅうさんのつぶやきから生まれました♪ RT @truklagooon おったーば実況感想用アカウントってありますか?そのアカウント宛にリプライでオッターバ関連のことはつぶやくと、それをフォローしていない(ブリメンいがいのおともだち)ひとのTLには流れなくてめいわくにless than a minute ago via HootSuite Favorite Retweet Reply



名前は、pyottava とか、ottakikuzou(織田喜久造)とか色々考えていただいたのですが、提案者以外の有効投票1票(!)により、暫定的にぽっとちゃんになりました。less than a minute ago via HootSuite Favorite Retweet Reply



OTTAVAの実況ツイートをするとき、リプライ先に指定してお使いください!(そうすると、ぽっとをフォローしていない人のタイムラインには表示されないので、遠慮なしにガンガンツイートできます)less than a minute ago via HootSuite Favorite Retweet Reply



OTTAVA放送中のプレゼンターの名言・迷言があったら、ぽっと宛にツイートしておいてくださると嬉しいです(謎) あとプレゼンターさんの口癖ですね…less than a minute ago via HootSuite Favorite Retweet Reply

ということで、

冒頭に@ottapotをつけてツイートすると、@ottapotをフォローしている方限定で楽しめます(OTTAVAクラスタ以外のTLへの実況ツイート漏れを防ぐことができます)。OTTAVA関係以外のフォロワーの多い方は、ぜひ実況時にご活用ください。

よろしければお使いください!
なぜ、一月以上経った今頃ご紹介したかというと、ピアソラまんじゅうさんがかわいい“ぼっとちゃん”と“ぽっとちゃん”を描いてくださったから!!
ぽっとちゃんかわいいよ、ぽっとちゃん……(カラーを黄色系にしてよかった…)

是非、ピアソラまんじゅうさんの描いたイラストをご覧ください!

5月中旬ころからウェブサイトの曲ツイボタンが動作しない症状となっていました。
このため、5月30日にボタンを非表示にして原因を確認していましたが、本日原因が確認できたため、対策した上で先程ボタンを復活させました。

詳細は以下のとおりです。


@ottabot ぼっとちゃん 全然明日以降で構わないんだけど、「この曲についてつぶやく」押しても、アイテム名が入らないことがあるんだ・・・less than a minute ago via Proxlet Favorite Retweet Reply


恥ずかしながら、nahemaさんにご指摘いただくまで、気づいておりませんでした(ごめんなさいっ)。
原因は、5月中旬に行われたTwitter側の仕様変更でした。したがって全ての曲で同様の症状となっていました。

仕様変更の詳細は以下のblog等をご覧ください。
ボタンを押した後の挙動も若干変わったため、URLがt.coで短縮され、via @ottabot の後へ表示される場所が変わることになりました。

長らくの間、ご迷惑をおかけしました!

20101120221453

ソーシャルってなぁに?って感じですが、各種ソーシャルサービスのボタンを追加・整理しましたというお話です。


OTTAbotは、「OTTAVA」のミュージックヒストリー(放送履歴)を、Twitterと連動して提供するbotが中心のサービスです。が、なにもTwitterにこだわっているわけではなくて、色々なところで「この曲が好き!」という「曲ツイ」みたいな文化を広げていきたいな、と思っています。それが共感としてつながっていけば…ステキでしょ?

そこで出来る限りのソーシャルサービスに対応したいと考えています。
新たに対応したのはEvernoteサイトメモリーです。
これにより、以下のボタンに対応したことになります。

はてなスター
はてなブックマーク
Evernote(サイトメモリー)
mixi(チェック)
GREE(いいね!)
Facebook
Twitter
AddClips(RSS登録/その他のソーシャルブックマークサービス等)

以上により、年内のOTTAbotへの新機能の追加、緊急を要しない機能のアップデート等は終了とさせていただきます。

運営者の都合により、2011年 5月下旬までは必要最低限のメンテナンス以外は行えない状況になります。
放送もほとんど聴けない可能性が高いので、blogの更新も定期更新(自動更新)のみを原則とさせていただきます。
ブリメン忘年会、5月のLFJ等も欠席し、本業?に専念する予定です。
みなさん忘れないでくださいね(><。。サヨナラサヨナラ

20101102123442

OTTAVAのアーカイブにどんなCDアルバムがあるの?という疑問に(ちょっとだけ)お応えします。
アルバム紹介ページができました。


いつもの楽曲紹介のページにある「Catalogue Number」からアルバムページへリンクが張られています。
20101102123443

リンクをクリックすると、冒頭の画像のようなアルバム紹介ページが開きます。こちらでは同じアルバムに収録されていてOTTAVAで流れた曲(放送曲)のリスト等が表示されます。楽曲紹介ページには掲載していない、JANコードや楽天ブックスへのリンクも掲載しているので重宝する人がいるかもしれませんね!

また、これにあわせてblogに毎月「OTTAVA、今日の新アルバム」という記事を投稿するようにしました。こちらも参考にしてください。

なお「(ちょっとだけ)お応え」としているのは、アルバム紹介ページがあるからといって、OTTAVAのアーカイブに加わっている保証がないからです。一回限りで放送しているアルバム等もあります。放送曲のリストにも、リクエストフラグを表示し、リクエストできそうかできなさそうかの目安はつくようにしていますが、ご了承ください。

またアルバムの写真を一覧できるページも一応用意しました……が、アルバムの写真からはAmazonにしかリンクを張れないという制限がある(※)ため、いいデザインを思いつくまで表には出さないでいます。もし気づいた方は、へーへーと楽しんでください。※…画像をAmazonから提供されているためです

一部レーベルの表示がNAXOSと誤って表示されています」で書いたように、システムの都合上、ナクソス・ミュージック・ライブラリー参加レーベルについては、レーベル名にかかわらず、レーベル名を「NAXOS」と表示していましたが、改善いたしました。

現在は、ナクソス・ミュージック・ライブラリーに表示されているレーベル名に準拠して表示しています。

この作業を23日の13時半頃から行ったのですが、スクリプトに不具合があったため、23日の18時頃から24日の23時頃まで、レーベル名の表記や外部サイトへのリンクに異常が発生していました。
現在は全て解消しています。
ご迷惑をおかけしたことをお詫び申し上げます。

また17日にNAXOS JAPANのウェブサイトがリニューアルされたのですが、解説等が記されたアルバム紹介ページがなくなってしまいました。

情報の提供は、くりさんです。

@ottabot ぼっとさん、素早い対応をありがとうございます。楽しいコメントが読めたのですが、ナクソスさんはどこに隠しちゃったのでしょうね。アソコからあのコメントを読んでいた人は少ないと思うので、読めなくなったことに気がつく人も少ないのでしょうね。less than a minute ago via web


残念ですが、存在しないページにリンクを張っていても仕方ないので、当該ページへのリンクを削除し、ナクソス・ミュージック・ライブラリーへのリンクのみとなっています(以前は「NML」と表記していましたが、スペースが増えたので「Naxos ML」と表示しています)。

またお気づきの点があれば是非教えてください!
可能な範囲で対応します。

現在、OTTAbotのウェブサイト上で、レーベル名が一部NAXOSと誤って表示される不具合があります。
対象は、Naive、BIS等のNaxos Music Libraryに参加しているレーベルの曲の一部です。

これは、Naxos Music Libraryのアルバムページにリンクを貼る際、レーベル名を参照してリンクを貼るか貼らないか判定するという原始的な方法をとってしまったために起きている不具合です。

出来る限り早くシステム的に対応しますので、しばらく読み替えていただけると幸いです。(2010年9月24日23時頃修正が完了しました)
見分ける方法としては、レーベル名がNAXOSになっているにもかかわらず、レーベルナンバー(型番)に数字以外の文字が含まれている場合、ほぼ上記症状です。このような症状が出ている場合、楽曲紹介ページからNaxos Music Libraryのアルバムページにリンクが必ず貼られていますので、ご確認いただければと思います。

情報提供は、OTTAVA amoroso for weekendのプレゼンター・林田直樹さんでした
間違った情報を載せてしまい申し訳ありません。

[mixiチェック]
mixiが10日に発表した、mixiチェックに同日晩対応しました(ご報告が遅くなってすみません)。

OTTAbotが対応したページは以下のとおり

楽曲紹介ページ
リスナーページ
blog

mixiにアカウントをお持ちの方は、OTTAbotの「mixiチェック」というボタンをクリックしてみてください。ボタンを押してワンステップ。するとmixiに、「チェックしました」という表示が反映されます。

設置方法に関しては、以下の記事に書いています。

リスナーページ - OTTAbot

リスナーページをご存じですか?
大幅にてこ入れしましたので、是非一度ログインして使ってみてください。

■まず、あなたのリスナーページを開いてみてください

あなたのリスナーページは、以下のアドレスになります。

http://ottava.suki.net/user/(Twitterのユーザー名)/

または、リスナーリストからあなたの名前を探してみてください。

ラジオネームの登録、プロフィールの修正ができます

Twitterのアカウント名と、ラジオネームが対応せず、お互い知り合えずにいる……というのはよくあることだと思います。是非ラジオネームを登録してください。

手順は、「プロフィール等を修正」をクリックします。
ラジオネームの登録プロフィールの修正ができます。
またmixiのIDや、ご自身のウェブサイトのURLも登録してください。登録すれば、冒頭の画像のようにリンクアイコンが表示されます。(Twitterのリンクアイコンは自動的に表示されます)

■OTTAbotに記録されたツイートを削除できます【新機能】

OTTAbotでは、「ottava」という文字を含む2010年2月以降のツイートを自動的に収集しています。
これはTwitterの利用規約等で認められる範囲内で実施しています。

ただ、一度ツイートしたものを後から削除したい、ということはあるかと思います。
一度OTTAbotに記録されたものは、Twitter上で削除すると連動して削除される……なんて器用なことは技術的に困難です。
そこでリスナーページから削除できるようにしました。

リスナーページ上でツイートを表示すると、Twitterのアカウント名の横にという削除マークがあります。
こちらの削除マークをクリックしていただければ、OTTAbotに記録されたツイートを削除できます。
(Twitter上のツイートには影響しません。OTTAbotのウェブサイトで表示されなくなるだけです)

なお当然ですが、他人のツイートは削除できません。あしからずご了承ください。

■OTTAbotに一切ツイート等を記録させないこともできます【新機能】

先の機能は、ツイートを個々に削除する方法ですが、OTTAbotに一切ツイートを記録させたくないということもあるかもしれません

この場合は、「プロフィール等を修正」の下にある「公開停止・登録削除」というリンクをクリックしてください。
その後表示される「公開を停止する」というリンクをクリックしていただければ、今後一切ツイート等を記録させないようにすることができます。また過去記録された分全てについても、削除した場合と同様に扱います


この機能は、SPAM的なbotや、OTTAVAを一般名詞として使ってツイートしている方(イタリア語圏の方ですね)のツイートを記録しないための機能を流用しています。運営者としては一般のリスナーの方が、この機能を使うことはないように願っています……。

■Twitter経由でログイン

今回ご紹介した機能はいずれも、Twitter経由でログインする必要があります。

これはOAuthという手順で、リスナーの方のIDやパスワードをお預かりせずに、安全に利用権限だけをお預かりし、本人確認をします。

もし、一度OTTAbotにTwitter経由でログインした後、OTTAbotに与えた利用権限を取り消したい場合は、Twitterの設定画面にある「連携アプリ」の欄を開いてください。
OTTAbotのアイコンの横にある「許可を取り消す」というリンクをクリックすれば、利用権限を取り消すことができます。

■まとめ

一部ちょっぴり難しい話もしましたけど、ようはTwiitterとOTTAbotをうまく使って、OTTAVAを楽しく聴きましょうね!ということです。ハイ

20100721094153
楽曲紹介ページにタブデザインを取り入れ、すっきりと整理してみました。


皆さんのおかげで、たくさん曲ツイが集まるようになってきました。現在では、1日の「OTTAVA」とつぶやいているツイートのうち 1割が曲ツイという、なかなかの状況になっています。

曲ツイは、集まれば集まるほど、曲の感想や印象をシェアできて、楽しいですよね! しかし曲ツイがたくさんついた結果、縦に長〜くなった「楽曲紹介ページ」もでてきて、とってもみにくい状況になってきました。

20100721094152
↑こんな感じ

そこで楽曲紹介ページにタブデザインを取り入れてみたわけです。タブデザインになったお陰で、スクロールせずに放送履歴や曲ツイを瞬時に表示出来るようになりました(タブの切替えは一瞬です)。
20100721094151

また曲ツイの件数をタブに表示するようにしたので、曲ツイを見ようとしたけど曲ツイがない……ということも避けられます(^^!
さらにリクエストフォームも一体化したので、リクエストフォームに気付いてもらいやすくなった……と思います。
20100721112209
なお関連情報として掲載していた、NAXOSのアルバムページやHMV・Amazon等のショップへのリンクは、あまりニーズがないようなので(笑)、あれこれ説明せず1行でさらっと載せるようにしました。ただジャケット写真は、上の目立つところに掲載するように変更しています。。

すっきりお使いいただけるようになったと思うのですが、いかがでしょうか。

具体的な作業記録はこちらに掲載していますので、よろしければご覧ください。

音源データベースを大幅に更新いたしました。

OTTAVAで流れた曲を記録しているOTTAbotの音源データベース。現在、こちらには、開局以来放送されている約16,500曲弱、約1,500アルバムの情報が記録されています(2010年 2月以前のCD出力で放送された曲や、コンテンツIDの間違いで記録されていない曲を除く)

このうち、約650曲、約130アルバムの情報を修正しました。
OTTAbotのジャケット写真は、Amazon.co.jpのものを現在利用していますが、上記修正にともない、Amazon.co.jpの情報を改めて確認し、追加しました。その結果、ジャケット写真が大幅に増加しました。わーい

OTTAbotの音源データベースは、OTTAVAの情報を参照して、記録しています。
OTTAVAのプレイヤーに表示される「楽曲の詳細と購入はこちら」のリンク先のTrack Infomationを特に重宝しているわけですが、こちらに掲載されているCatalogue Numberに大量の誤りがありました。

主にNAXOSの音源なのですが、カタログ番号が「8.111060」というように、最後が 0で終わっている場合、その 0が抜けて掲載されているようです。ちなみに00で終わっている場合、00が抜けています。あらら

こんな症状、普通に考えればありえないのですが、今日ようやくわかりました。おそらくExcelでデータベースにまとめて情報をいれているせいではないでしょうか。NAXOSのカタログ番号は「8.111060」という小数点のような表記をするため、Excelの書式設定を標準のまま作業をすると末尾の0が消えてしまうんですねぇ。……ライブラリ担当さん、お願いですから書式設定を「文字列」等にして作業してください。せっかくいれたカタログ番号が間違ってたらかえって混乱のもとです……(リスナーさん的に)。

タグ