@OTTAVAのアイコン

OTTAVA(公式アカウント)さんのリスナーページ

【登録日】2010/02/24 16:34【更新日】2014/06/01 02:15
【曲ツイ】211回/Total【Active】0回/last month

@OTTAVAのウェブサイト @OTTAVAのtwitter
Check

インターネットラジオステーション、OTTAVA。東京から世界へ向けて放送中。 [2010/06/14 10:15現在のTwitter上にあるプロフィールから引用しています]

曲ツイ・コメントリスト

期間:最新20件
1 - 20 件目 (全20件)

[曲ツイ/ALL] 20件毎表示


●5つのスケッチ Op.114 ~冬の情景(シベリウス)

OTTAVA

まさに! ゲレン RT @lys1017: 雪に閉ざされて、音が全部吸い込まれていく感じ。 #ottava

2011/01/28 12:58:17 OTTAVA 削除ボタン

●アンダンテ・カンタービレ(チャイコフスキー)

OTTAVA

おそらくクライスラーの編曲版かと♪ ゲレン RT @ottabot: いつものアンダンテ・カンタービレと違う!? RT @ottabot アンダンテ・カンタービレ - チャイコフスキー http://ottava.suki.net/item/13589

2010/11/16 13:24:28 OTTAVA 削除ボタン

●楽しい鐘の音(「羊は安らかに草を食み」によるフリーランプル)(J.S.バッハ(グレインジャー編))

OTTAVA

これ、グレインジャー自身の演奏です。 林田 #ottava

2010/10/31 13:56:29 OTTAVA 削除ボタン

●スターバト・マーテルの夢(レーラ・アウエルバッハ)

OTTAVA

このレーラ・アウエルバッハもクレーメルの新盤「デ・プロフンディス(深き淵より)」から。 林田 #ottava

2010/10/31 12:58:21 OTTAVA 削除ボタン

●パッサカリア(ペルト)

OTTAVA

このペルトはクレーメルの新盤「デ・プロフンディス(深き淵より)」から。 林田 #ottava

2010/10/31 12:53:59 OTTAVA 削除ボタン

●楽劇「ラインの黄金」第4場:待て、欲深め!わしにも分けろ!~ラインの黄金!純なる黄金(エンディング)(ワーグナー)

OTTAVA

ラインの黄金のエンディングを飾る「ヴァルハラ城への神々の入場」。ヴァルハラは虹の向こうに神々しく輝いていて、いかにもおめでたくかっこよく終わります。が、この城は偽りと虚栄のしろものではないのか。そんな思いが観客の心をよぎります。 林田 #ottava

2010/10/31 11:17:56 OTTAVA 削除ボタン

●「マントラ」~(シュトックハウゼン)

OTTAVA

ひさしぶりのシュトクハウゼン。音に独特の輝きがあります。前衛といってももはや古典かも。ちなみに「マントラ」という言葉はこの作品が発表された1970年代はジョン・レノンも歌詞に使っていましたね。東洋的な宗教体験に対するカウンターカルチャーの憧憬もあるのかも。 林田 #ottava

2010/10/31 10:55:41 OTTAVA 削除ボタン

●タンゴ=バレエ(ピアソラ(ブラガート編))

OTTAVA

このピアソラは5つの楽章「表題さまざま」「通り」「出会い~忘却」「酒場」「孤独」からなります。どうやら知られざるピアソラのクラシック曲は、まだまだたくさんあるらしいんです。 林田 #ottava

2010/10/30 12:03:43 OTTAVA 削除ボタン

●夜想曲集 Op.23 ~第4番 ヘ長調(シューマン)

OTTAVA

訂正です。さっきのシューマンは「夜想曲」と訳されますが、ノクターンではなくてナハトシュトゥッケ、夜曲ですね。 林田 #ottava

2010/10/30 12:00:39 OTTAVA 削除ボタン

●交響曲第2番 変ロ長調 第1楽章(タネーエフ)

OTTAVA

チャイコフスキー以降のロシアの交響曲は哀愁たっぷりで重厚なものが多くていいですね。タネーエフの交響曲第2番もそう。「忘れえぬひと」という絵(あの肖像だけで惚れるという心理もわかります…)があったけど、ロシアのシンフォニーのイメージが少しありますね。 林田 #ottava

2010/10/30 11:31:24 OTTAVA 削除ボタン

●オラトリオ「天地創造」Hob.ⅩⅩⅠ‐2 第1部 ~第1番:混沌の描写(ハイドン)

OTTAVA

いまかかっている天地創造はナクソス盤のシュペリング指揮の演奏ですが、これもナクソスの中ではトップクラスにいい演奏です。林田 #ottava

2010/10/30 10:55:30 OTTAVA 削除ボタン

●チャールダーシュ(オリジナル版)(モンティ)

OTTAVA

モンティのチャールダーシュは本来マンドリンの曲だというのは驚きです。オリジナル版を、「マンドリン・レボリューション」(キングインターナショナル)より、高柳未来さんの演奏で。 林田 #ottava

2010/10/24 13:11:00 OTTAVA 削除ボタン

●バレエ「眠りの森の美女」Op.66 第3幕:結婚 ~ポロネーズ(チャイコフスキー)

OTTAVA

チャイコフスキーがいなければ決してストラヴィンスキーは生まれなかった。両者の結びつきは、バレエによって立証されていると思います。 林田 #ottava

2010/10/24 12:10:14 OTTAVA 削除ボタン

●バレエ音楽「結婚」第4場:花嫁の祝宴(ストラヴィンスキー)

OTTAVA

バレエ「結婚」の終わりの鐘の音の響きは、祝宴の終わりとしてとても詩情あふれるものがと思います。 林田 #ottava

2010/10/24 12:08:01 OTTAVA 削除ボタン

●バレエ音楽「結婚」第1場:花嫁の家で(ストラヴィンスキー)

OTTAVA

そもそも結婚とは何か。喜んでばかりの無計画な一日だけの宴なのか。ニジンスカの振付は祝宴の踊りの中に、耳をふさぎ頭を抱えるしぐさを入れたり、花嫁や花婿の親の苦悩を浮き彫りにしたり、非常にシリアスに結婚の「意味」をとらえていると思います。結婚観が変わること必定。林田 #ottava

2010/10/24 11:43:34 OTTAVA 削除ボタン

●バレエ音楽「結婚」第1場:花嫁の家で(ストラヴィンスキー)

OTTAVA

今日のバレエ音楽コーナーは、ストラヴィンスキーの名作「結婚」がメインです。結婚というと、いかにもおめでたい歓喜・祝福のイメージですが、この「結婚」はまったく違います。恐れ、不安、疑念の要素が盛り込まれた、結婚について最も鋭い洞察を加えたバレエなのです。 林田 #ottava

2010/10/24 11:38:29 OTTAVA 削除ボタン

●「ラインの黄金」第2~3場:~へへ!へへ!こっちへ来い!ずるい小人だ!~ここがニーベルハイムです。(ワーグナー)

OTTAVA

小人物のアルベリヒ(ラインの乙女に欲情して拒絶されるキモイおやじ…)が、指輪という権力を手にしたおかげで、富を独り占めし、世界を支配しようという野望にとりつかれ、ニーベルハイムの地下世界では、人々を強制労働させています。この音楽のドロドロ感がたまりません… 林田 #ottava 

2010/10/24 11:19:19 OTTAVA 削除ボタン

●聖体秘蹟の書~第9曲「闇」(メシアン)

OTTAVA

メシアンの「聖体秘蹟の書」から「闇」「キリストの復活」。この過激な響きは、ほとんどヘビメタの世界に近いんじゃないでしょうか。この不協和音は脳髄に直接びりびりきます。 林田 #ottava

2010/10/24 10:52:49 OTTAVA 削除ボタン

●弦楽四重奏曲嬰ヘ短調 第1楽章(グルダ)

OTTAVA

フリードリヒ・グルダの弦楽四重奏曲嬰ヘ短調。若い音楽学生のころの作品ですが、ピアニストとしてだけでなく、これだけの作品を書けるほどの力量があったということですね。グルダらしい冒険精神がすでに発露されているのが感じられます。とてもいい曲。 林田 #ottava

2010/10/23 13:01:39 OTTAVA 削除ボタン

●ニュー・シネマ・パラダイス(モリコーネ(轟千尋 編))

OTTAVA

好評につき、ホルン奏者・福川伸陽さんのアルバムからもう1曲「ニュー・シネマ・パラダイス」。モリコーネも素晴らしくホルンに合っています。 林田 #ottava

2010/10/23 12:43:22 OTTAVA 削除ボタン

こんにちは!! OTTAbotです!

OTTAbotは、クラシック音楽専門ラジオ局「OTTAVA」をもっと楽しむ為のファンサイト。「OTTAVA」のミュージックヒストリー(放送履歴)を、Twitter等と連動して、公式サイトよりも魅力的に?!ご提供します。

OTTAVA関係リンク



iPhoneならどこでもOTTAVA!